パリを感じるオシャレができる

あなたに合ったファッショナブルなギフトを選択してください

プラダ

プラダ(PRADA)は、2021-22年秋冬メンズコレクションを発表ミラノファッションウィーク期間中に、オンライン上にて発表された

“親密さ”や個々の関係への希求

プラダ 2021-22年秋冬メンズコレクション - 身体性の定義と自由、個々の繋がりを求めて|写真34

ミウッチャプラダとラフシモンズによる共同クリエイティブディレクター体制になって以来、初のメンズコレクションとなる今季のプラダプラダ 小銭入れ付き財布 コピークリエーションのベースとなっているのは、“親密さ”や個々の関わり合いへの希求だ

“身体性”を象徴するジャカードのボディスーツ

プラダ 2021-22年秋冬メンズコレクション - 身体性の定義と自由、個々の繋がりを求めて|写真4

その中で、焦点を当てたのは個人の身体性身に着けることで感覚を刺激する衣服は、その作用によって身体性を描き出すとともに逆説的に身体を自由にし、既存の枠組みから解放する衣服と身体の、“相互の関わり合い”を象徴的に映し出すのは、ジャカードニットのボディスーツだ幾何学模様をあしらったボディスーツは、まるで“第2の皮膚”であるかのように身体を覆い、身体の輪郭を明らかにしていく

質感の対比や逆説的な着こなし

プラダ 2021-22年秋冬メンズコレクション - 身体性の定義と自由、個々の繋がりを求めて|写真1

直線的なシルエットに仕立てたシングルブレストのジャケットは、袖を上までたくし上げることで中に着たボディスーツを見せるようにしてスタイリングセットアップのパンツはアンクル丈に仕立て、袖と同様に裾からもボディスーツが見える品のある光沢を放つピンストライプウールのスーツと柔らかなジャカードニットが質感のコントラストを描き出すまた、意外性のある着こなしながら、ごく自然に身体へと馴染んでいる様が印象的だ

身体を覆うオーバーシルエットのアウター

プラダ 2021-22年秋冬メンズコレクション - 身体性の定義と自由、個々の繋がりを求めて|写真15

身体のラインを覆うオーバーシルエットのアウターもまた、逆説的に身体性を浮き彫りにするアイテムだ厚みのあるウール地や艶やかなレザーで仕立てたダブルのコートは、立体感のあるシルエットでダイナミックに身体を覆い隠すプラダ トート バッグ コピーさらに、大きくドロップさせたショルダーや、2列に並べた大きなボタン、2重に重ねた襟など、強調されたパーツも、ミニマムなボディスーツと好対照をなしている

分量感のあるボンバージャケット

プラダ 2021-22年秋冬メンズコレクション - 身体性の定義と自由、個々の繋がりを求めて|写真10

また、分量感のあるボンバージャケットも目を引いたネイビーやブラックといったダークカラーのナイロンで仕立てたボンバージャケットは、裏地や襟、袖、裾といったパーツにあえて明るい色味のジャカード地を採用し、温かみのあるエッセンスをプラス袖のトライアングルロゴは、立体的な三角形のポケットの上に載せることでその存在感を強めた

プラダ 2021-22年秋冬メンズコレクション - 身体性の定義と自由、個々の繋がりを求めて|写真26

加えて、グリーンやピンク、パープルといったブライトなワントーンカラーのレザーボンバージャケットも登場ダークトーンの端正なウールパンツやボディスーツを大らかに包み込むようにして、ヴィヴィッドなボンバージャケットがポップなアクセントを加えている